仮想通貨の革命児「リブラ」

仮想通貨の革命児「リブラ」

こんにちは、2018年は仮想通貨元年と言われるほど仮想通貨が流行っていましたね。私もちょいちょい手出して買ってました。TRIGとかTRXとか…。

2019に入り落ち着きを取り戻してきた仮想通貨界、ビットコイン始めイーサリアム、リップルなど代表的な仮想通貨が活躍する中で、大変革を与える通過が新しく開発されつつあります。

Facebook社が開発を手がける「リブラ」ですね。

今回はそのリブラってどんなものなのか簡単に説明したいと思います。投資したいよって人は是非読んでみてください。

[toc]

仮想通貨とは?リブラとは?

仮想通貨と言う名の通り、仮想の(virtual)通貨(currency)です。日本円やドルのように紙幣、コインがない通貨のことをさします。実際の為替のように通過一つの価値が変動するんですね。

この仮想通貨はFXや株のように安い時に買って、高い時に売るといった投資ができるんですが、仮想通貨はまだ安定しているとは言えず変動が激しいので、数日で資産が数倍になるといったことも不可能ではなく、そのギャンブルのような面も含めて人気になったと思います。

その仮想通貨は銘柄がとてもたくさんあります。リップルなどの有名で安定している銘柄もあれば、そのうち価値が全くなくなるお遊びで作られたような通貨もあります。そんな中超有名企業『Facebook』が新しく開発している仮想通貨がリブラです。

リブラといえばFacebookが開発していると解釈されがちですが、実際にはFacebookが中心に運営するリブラ協会がリブラの全体的な運営をしています。協会にはVISA、Mastercard、eBay, Paypalなど名の知れた大手企業が参入しており、リブラに対する本気度が伺えます。

リブラの目的は?何ができる?

あのFacebookが何のために仮想通貨業界に参入し、自ら銘柄を立ち上げるのか、一言で言ってしまえば「よりFacebookから離れられなくすること」が目的だと私は考えています。それを可能にするリブラの魅力とは。

このリブラを作り、これに関するインフラを整えた後はFacebookを通してお金のやりとりがスムーズにできるようになります。しかも海外間でも。またネット上の財布に保管しているリブラをコンビニなどで現金化することができる可能性もあるそうです。

またFacebookのアカウント上でリブラの保有、送金などができるので、Facebookアカウントが事実上の銀行口座のようなものになります。銀行口座を持てない発展途上国の人たちが、Facebookでそれが可能になるわけですね。

ForbesJapanによると世界中で銀行口座を持ってないひとは17億人ほどいるそうです。その人たちがFacebookを通して海外送金まで可能な擬似銀行口座を持てるようになるわけです。

リブラが生活のインフラになる可能性がありますね。

仮想通貨としての安定性はあるの?

一般的に知られている仮想通貨というものをニュースでみるときは「ビットコインが大暴落!」だとか「ハッキングにより通貨が流出!」みたいな通貨としての安定性、安全性に欠けるものが多く、リブラのプロジェクト自体に不信感を持つ人もいるかもしれません。

しかし、そこは天下のFacebookです。絶対大丈夫!とは言い切れないまでも今までに比べてとても信頼が持てそうな感じがします。

リブラのテクニカルペーパーによるとリブラは「ステーブルコイン」、つまり価格の安定した通貨として使われることを目的としています。

ぶっちゃけ仮想通貨界隈ではどの仮想通貨のテクニカルペーパーも似たようなこと言ってて言葉だけじゃ信用なりませんが、リブラ協会が考える「安定させる方法」があります。

仮想通貨の値段が上下するシステムは単純で、それを買いたい人(欲しい人)が多いと価値が上がる、売りたい人(いらない人)が多いと価値が下がっていくものです。なので通貨としての有用性が高く、それを使いたい人が多ければ値段は高騰し、価値がなくみんなが必要としなければ価値が下がるんですね。

そこでリブラ協会は発行されるリブラより多くの資産を保有し、リブラの値段に合わせてリブラを売り買いし発行量を調整することでリブラの値段の安定化をすることをリブラ実用化の手段としています。リブラの値段が下がれば自ら買い、逆に上がれば自ら売ることで大幅な価格変動を防ぐわけですね。

Facebook始め他の大手企業が集まり資金提供することで可能になる力技ですね。金を以って金を制するみたいな。

安全性に関してはちょっとよくわからないんですが。私文系なもので。もともと仮想通貨自体の安全性は高いものです。

ニュースになるのは取引所の失態であることが多く、その取引所に当たるところもリブラ協会が着手していくので安全には十分配慮されているものだと予想します。

まとめ

2020年に完成するらしいリブラですが、今までの仮想通貨としての投機の対象になるかどうかはよくわかりませんが実用化されたら生活に大いな変化をもたらす可能性を秘めている面白いものです。実用化が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

未分類カテゴリの最新記事