cote&ciel ISAR 「使いにくい」「ダサい」と言われがちなコレをレビュー

cote&ciel ISAR 「使いにくい」「ダサい」と言われがちなコレをレビュー

こんにちは、くせ毛が湿気にヤラレて梅雨明けが待ち遠しいです。

今回は最近買ってお気に入りになったお洒落でちょびっとだけ奇抜なリュックを紹介したいと思います。その名もcote&cielのISARです。

[toc]

cote&cielとは

2008年に設立し、パリを中心に展開するリュックブランド。PCやガジェット系の携帯を意識した現代人のニーズを満たす製品ラインナップを特徴としています。実用性だけでなくデザイン性も兼ね備えていることで人気を博しています。

中でもアップル社に特化した設計をしています。というのもかつてApple社を牽引したスティーブ・ジョブズがこのブランドのリュックを愛用していました。完璧主義者でミニマリストな彼が認める機能性があるということですね。

日本で初の代理店契約が2010年ということもあってまだまだ知られ始めて新しいブランドになります。ちなみにcote&cielは英語でcoast and sky 海岸と空っていう意味ですね。おしゃれ。

 

定番モデルISAR

 

そしてスティーブ・ジョブスが実際に使っていたモデルがこのISAR。

このビラビラが横に出ている非対称デザインが特徴です。このモデルがcote&cielの認知度が高めました。

カタカナ読みでイザール。由来は川の名前ですかね。他にもナイルやチグリスという名前が付けられているモデルがあります。なんかオシャレですねえ。

定番モデルということもありUNDERCOVERなどとコラボもしています。

coteetciel.jpより

 

使い心地

もう購入してから2ヶ月くらい経過しました。使い心地の方をレビューしていきます。

まずリュックとしての機能。個性的な見た目をしているので実際の使い心地を想像するのは難しいかも知れません。でもめっちゃ使いやすいです。

物を入れる部分は大きく分けて二つあります。一つは前面部分のPCなどを入れる部分。もう一つは背面のヒレみたな部分です。ではまず前面ポケットから。

PCなどを入れる部分はここになります。他にはファイルや書類など。中は三つに区分けされています。一番手前がPCを入れる部分なのですが、なんと仕切りが厚めのスポンジっぽい質。これは安心ですね。別のケースに入れてからリュックに入れる心配性な人もこれなら安心です。続いて背面のヒレ部分です。

ここのデザイン性で賛否別れますよね。友達にカブトムシって言われました。でもこの部分がISARのいいところですね。この部分は前面にくらべると雑に物をホイホイ入れる場所って感じですかね。

 

このヒレは完全に横向いてるんですが、右肩だけ外して体の前に持ってくるヒレのチャック部分がちょうど真下に来るようにできています。リュックを完全に降ろさなくても物を出し入れできるようになっているんですね。

中には内ポケットが二つ。私は目薬とかリップクリームとかそこらへんいれてます。

この丁寧に入れられるポケットとラフに入れられるポケットがあるのがこのリュックの使いやすさの理由なのかなと思います。

まとめ

いいリュックを探している、斬新なリュック試してみたいという人には是非とも挑戦して欲しいですね。人気を博しているとはいってもまだあまり街中で見かけるほどではないと思ってます。是非お試しアレ。

 

 

 

 

商品紹介カテゴリの最新記事