オカヤドカリの飼育方法総まとめ

NO IMAGE

今回はオカヤドカリの飼育方法についてまとめていきたいと思います!

ペットとして密かに人気なオカヤドカリ、かかる手間が少ないので、
一人暮らしの方とかにおススメです。ずっと観察してると日が暮れるくらいかわいいですよ!

オカヤドカリとは

オカヤドカリの生態

オカヤドカリは生物学上、エビ目・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属に分類されるもののことを指します。沖縄県や小笠原諸島、などの熱帯域に生息しており、砂浜などに行けば見つけるのに苦労はしないほどいるらしいです。しかし天然記念物に指定されているので認可を得ている業者以外の人が捕獲すると犯罪になるので気をつけましょう。

ヤドカリと聞くと皆さん想像されるのは海中に生息しているやつですよね?しかしオカヤドカリとは名前の通り陸に生息しているヤドカリです。

陸上に生息していますが肺呼吸ではなくエラ呼吸と皮膚呼吸をする生き物です。魚と違い水中から酸素を取り込むことは出来ず、湿った空気から酸素を取り込むという方法を取っているため、水がないと呼吸できない、かといって水中でも生きられないというなんとも不思議な生き物です。

矛盾を自身の中に抱えているのに魅力を感じます。人間と同じですね。(深い)

魚の死骸、植物などなんでもたべるので海の掃除屋と呼ばれています。

ペットとして

ペットとして飼育されていることが多いですが基本的に人に懐く生き物ではありません。なので遠くから観察するのを楽しめる人向けなのかなと。

ペットとしてオカヤドカリを取得するにあたり、先ほど述べた通りオカヤドカリは天然記念物なので、ちゃんとしたお店で購入しましょう。

飼育に関しては後述しますが難しくはありません。

オカヤドカリの飼育方法

飼育環境

オカヤドカリはその生態の特徴上、しっかりと自然を再現した飼育環境を作ってあげないといけません。彼らの生息地は砂浜で波が定期的にやってくるような場所に住んでいますのでそれを意識しましょう。

水槽の大きさ

大きすぎることに問題はありませんが、飼育数に対して小さすぎるとオカヤドカリ同士の喧嘩に繋がりやすいのでダメです。貝殻と餌の取り合いとかで割とトラブルは多い生き物です。

目安として45×30センチ水槽に4匹が限界の飼育数なのでそれ以下にしましょう。もっと多く飼育したいならより大きい水槽を買うことをオススメします。

砂の種類、細かさ、湿度

まずどんな砂を使うべきかというと、サンゴ砂というものがいいです。細かさは一粒1ミリくらいのやつ。

オカヤドカリは脱皮の際、特に用事がなくても砂に潜り込むことがあります。特に脱皮の際は脱皮中にほかのオカヤドカリにちょっかいをかけられると命に関わるので10センチくらい潜ることもあるので最低でもそれだけの砂の量は入れといてあげるといいです。

また、砂は乾燥していてはダメです。サラサラだとオカヤドカリが潜りにくくなる上に、乾燥が大敵なので、乾いた砂に水分を持っていかれる危険性があるとオカヤドカリが潜らなくなります。砂に潜ることはオカヤドカリの身を守る手段なのでしっかりと整えてあげましょう。

湿度と温度

最初に述べた通り、オカヤドカリは熱帯域に住んでいます。沖縄を例に出すと、年間平均気温は約23℃、年間平均湿度は74%です。水槽の中に湿度計と温度計を設置してこの環境を保てるようにしましょう。

湿度に関しては砂を湿らせることを意識していれば大丈夫です。温度に関しては熱帯域に住んでいない限り、ヒーターを導入することをお勧めします。

生態ののところで説明した通りオカヤドカリはなんでも食べるが、一つの餌をあげ続けるとなかなか食べなくなるのでいろんなものをあげましょう。

主食としてはポップコーンが多いです。植物もたくさん食べますが、人が食べる野菜のようなものじゃなくて流木とかヤシの皮、ガジュマルやアダンと言った硬い植物を好んで食べます。

もちろん魚もよく食べます。しかし腐りやすいので注意です。ヤドカリは腐ったものも食べますが、水槽の環境に良くないので腐る前に取り出しましょう。

飲み水

ヤドカリも水を飲みますし、呼吸方法の特性上、殻の中に水を貯める習性があります。水は常にある状態にしておきましょう。

真水も飲みますが、海水からミネラルなどを補給することもあるので海水を準備した方がいいです。食塩水じゃダメですよ。

海水を入れる器の深さは体が浸かりきってしまわない程度のものにしましょう。

レイアウト

普段は岩の隙間など体を隠しやすい場所で生活しています。外が安全だと分かると外にでて活動しますが、隠れられる場所がないとストレスを感じてしまうので用意してあげましょう。

ガジュマルやアダンなどの葉っぱで影が出来るような場所もよく好みます。

予備の貝殻を忘れてはいけない

オカヤドカリは脱皮を繰り返して大きくなるごとに貝殻も大きなものに変えなくてはいけません。宿となる貝殻には結構こだわる生き物なのでいろんな貝殻を用意してあげてください。

 

まとめ

直接触って愛でるのはなかなか難しいものがありますが、観察しているだけで確かに癒しをくれる可愛らしい動物なので皆さんも買い始めてみてはいかがでしょうか。

オカヤドカリ含めその他諸々の商品を扱っているヤドカリ屋さんで全て揃えることもできます

雑記カテゴリの最新記事