『修理費100円』コードの断線修理を写真付きで解説

『修理費100円』コードの断線修理を写真付きで解説

今回は断線したコードの直し方を紹介しようとおもいます。

というのも私はくせっ毛(もとい天パ)なのでアイロンを持っているんですけど、どうやらコードの断線により電源が入らなくなった模様

新しいのを買うのはもったいないので自分で直してやりました。しかもたった100円くらいで

ドライバーを使えれば誰でもできるので、もし手持ちの道具のコードが断線したら自分で修理してみてください!

断線したのはコンセントの根元

その日は突然やってくるもので。家電は突然電源が入らなくなります。

我がアイロンのコンセントのコード根元です。この部分をグリグリすると電源が入ったり入らなかったりするので、断線確定です。

普段からコードの部分を引っ張ってコンセントを抜いたりするとこの部分が劣化するので気をつけましょう。また、カバンなどに入れて持ち歩く際にコードをぐるぐる巻きつけるのも劣化の原因になりやすいです。

この壊れ方をした時は、コンセントの先端を取り替える修理をするだけで簡単に直せるので自分で直して節約しましょう。

修理に必要な道具たち

修理に必要なものに特殊な工具は必要ありません。

必要道具は写真の通り。

  • ニッパー
  • プラスドライバー
  • 換えの差し込みプラグ

たったの三つ!これだけです。プラグはホームセンターで100円くらいで買いました。

差込プラグと呼びましたが、正式名称は配線用差込接続器というそうです。

パカっと開けるとこんな感じ。ネジ一本で固定されているだけなので苦労することはありません。

修理の手順

まずは断線している場所を切ってしまいます。

そして二股に割く。最初に切り込みを入れた後は指で綺麗に裂けます。

ここでニッパーを使いコードの内部の銅線を包んでいる黒いゴムだけを剥きます。その時のニッパーの使い方に注意です。

おそらくほぼ全てのニッパーに標準装備されていると思いますが、ニッパーの刃の根元に付いている丸い穴をつかいます。

この穴はコードの被覆材のみを取り除き銅線をむき出しにするための穴です。

この穴にコードの中心、つまり銅線が来るようにコードを挟み、コードの先端に向かって引き抜くと銅線のみ残った状態で被覆材だけ取れます。

穴を外すと銅線ごと切れるので注意。失敗し続けるとコンセントに頭を限界まで近づけてアイロンするハメになります。

銅線は細い銅線の束担っているのでこれをねじってひとまとまりにします。

そしたらプラグのネジ二つを緩め、その隙間に銅線を挟んでネジを締めます。

これができたら蓋をして完成です!銅線をむき出しにする範囲は必要な最小限にしましょう。

まとめ

簡単な作業でした。人によっては中学校とかでやったことがあるんじゃないでしょうか?

コードの断線ごときで家電を買い換えてたら勿体無いので自分でやっちゃいましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

商品紹介カテゴリの最新記事