RSAの取得方法、テストの例題を紹介!オーストラリアの酒の資格

RSAの取得方法、テストの例題を紹介!オーストラリアの酒の資格

こんにちは!

今日はオーストラリアの飲食店で働くときに必要になる資格について話していこうと思いますについて話していこうと思います。

それはRSAです!

RSAとは

まずRSAってなんですか。って言うところからなんですが、RSAはRespoinsibile Service of Alcoholの略称です。アルコールを用いたサービスをする上で大事になる責任の伴った行動、また対応の仕方のことです。

受かったらこんな証明書がもらえます。仕事先からコピーを提出しろ!っていわれるので大切に保管しましょうね。

どんなところで必要になってくるかというと

  • ウェイター
  • 調理師
  • ホテル
  • クラブの従業員

などのお酒が関わってくる仕事ならなんでも必要になってきます。

Gumtreeなどの求人サイトでウェイターやキッチンハンドの仕事を探してみるとすぐにわかりますが、どこのお店もRSAの資格を持っていることが前提になっていることが多いです。

仕事探しについて解説している記事はこちら

中には現地人じゃない人が経営するレストランでRSAなんて必要ないよっていうところもあるかもしれませんが、オーストラリアで飲食店のローカルジョブが欲しい!っていう方はRSAは仕事探しを始める前には取ることをお勧めします。

そこでこのRSA、どのように取るのか説明していこうと思います。

RSAの取得方法

まずこのRSAをとるにあたって働く州のRSAをとることが必要になります。たとえばNSW州でRSAの資格を取ってもVIC州ではそれは有効ではありません。自分が働く場所のRSAを取得しましょう。

取得する場所をきめたなら、RSAの取得方法が自ずと決まってきます。

①オンラインで申請する。

クイーンズランド州、ウェスタンオーストラリア州、サウスオーストラリア州などはオンラインで全て終わらせることが可能です。

パソコンに表示されたRSAに関して必要な知識を英語でひたすら読解し、あとで問題に答えるだけです。ただ最低でも四時間くらいはかかると思った方がいいので時間がある時にやりましょう。

②学校に通う。

「通う」と書きましたが、1日で終わります。また所要時間も授業とテスト合わせて四時間かからないくらいです。メルボルンがあるヴィクトリア州、シドニーがあるニューサウスウェルズ州などではオンラインで資格を取得することができないのでこの方法をとることになります。

私はメルボルンに在住しているので、この方法で取得しました。値段は大体$60くらいでした。ネットで探せばRSA取得コースを提供しているところがたくさんあるので気に入ったところを選びましょう。

RSAってむずかしい?

取得方法を選び申し込んだところでいざ本番!ってところで皆さんが気になることは分かってます。

  • RSAの資格って難しいの?
  • どの程度の英語力が必要なの?
  • どんな問題が出るの?

このような事を考えているのではないでしょうか!

実際に受けた私が言えることは、「心配しなくて大丈夫!」ということです。

そんな敷居の高いものではないです。日本の自動車学校のペーパーテストのような難易度と思ってください。一般的なお酒に関する知識とそれに関するオーストラリアの法律を聞かれます。

英語力に関していうのであれば、あればあるほど良いとは思いますが、お酒の常識に関しての授業なので英語力に不安があっても全くついていけないということは無いと思います。

またオンラインならばスクリーン上の英語による説明を読むだけですし、授業でもテキストが配られるので、現地の人の英語の速さについていけないよ!って人は説明ガン無視でテキスト読むだけでもいけると思います。

どんな問題が出る?

最終的に皆さんが気になるのは「どんな問題が出るのか」だと思います。
ちなみに僕が受けたテストは三択問題で、正しいものを選択するという問題が合計で20問という易しいものでした。

聞かれることの例をあげるならば、

  1. 未成年者にお酒を提供した際の罰金はいくらか?
  2. One standard drink (アルコール摂取目安量の単位)は純アルコールを何グラム含んでいるか?
  3. One standard drink はビールの場合何mlか?

『答え』

  1. $19000
  2. 10g
  3. 285ml

みたいな問題が聞かれます。

どうでしょう。そんなに難しいことは聞かれないことがわかったと思います。なので気軽に取りに行きましょう。車校の効果測定より全然かんたんですよ!

以上がRSAの取得方法についてでした!皆さんのオーストラリアでの暮らしがより豊かになることを願っています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ワーホリカテゴリの最新記事