オーストラリアで一人暮らしをする上で知っておくべきこと。

NO IMAGE

今回はオーストラリアでの一人暮らしはどのようなものかを部屋探しの面から紹介していきたいと思います。

オーストラリアでの部屋探しって日本と全然違って癖が強いんですよ

オーストラリア行くよって人は参考にしてみてください。

[toc]

メルボルンでの賃貸の常識。

私はメルボルンに住んでいた経験があり、ここはオーストラリアの中でもかなりの都会です。日本であればアパートの一室などを借りて一人暮らしというのが通常だと思いますが、ここでは誰かの家の一室を何人かで共有し家賃も折半するシェアルームや、誰かの家の一室を一人で借りるオウンルームなどが主な一人暮らしの方法になってきます。ひとりじゃないけど。

シェアルーム

シェアルームは体験したことがある人なら分かると思いますが、シェアをするパートナーによって生活の質が左右されるものになります。パートナーがだらしない性格ならそれにうんざりすることもあるでしょうし、極度の綺麗好きで口うるさいタイプでも嫌気がさすと思います。シェアルームをするのであれば気の合う人が良いです。カップルでするという荒技も。

オウンルーム

オウンルームは私がしていたものになります。これは部屋を一人で借りることになるのでストレスフリーです。夜遅くに帰ってきても文句を言われることはありませんし、部屋を自分の好きなようにできます。日本の一人暮らしに近いようなものだと思ってください。プライベートの時間を大切にしたいよって人にオススメです。

プライベートな空間は持てるの?

シェアルームとオウンルームに共通であることが、家主の家の一室を借りるということです。わかりやすく説明すると、日本の一軒家の中の一室に住むということです。なので日本のアパート暮らしのように、全ての空間がプライベートというわけではないです。部屋を出れば人がいることもありますしキッチンやバスルーム、トイレなども共有になります。

日本のアパートやマンションのような部屋を借りれないこともないですが、現実的ではありません。なぜならオーストラリアでの賃貸はとてもたかいからです。今現在私がしているオウンルームはアパート一室を借りるより遥かに安いのですが、それでさえも日本のアパート賃貸より高価で月$720(約60,000円)で都市から電車で30分ほど離れた場所です。日本ならもっといい条件でアパート借りれますよね…。

ちなみに私自身の経験から一つの家に国籍が偏りがちであると感じました。私がインスペクションをした家は五人暮らしで全員韓国人で、過去に住んでいた家は私以外の8人はインド人。どうしても家の中では彼らの母国語を喋りがちになってしまいます。部屋を探す上でハウスメイトの国籍を重視する場合はオーナーに聞くか実際にインスペクションして会うのが良いでしょう。

結構売り手市場

売り手市場というのも場所によるんですが、都市部はその傾向が強いです。ちょっと交渉しようとすると「じゃあ来なくていいよ」って言われます。こちらが合わせざるを得ない状況が多いですね。

まとめると神経質な人はかなり辛い思いをします。周りにもそういう人はたくさんいました。周りに合わせても平気だよって人は楽かもしれませんね。

まあ良い環境に出会うのも運なので根気よく探してみてください。

部屋探し以外のその他のことは次回書こうと思います!

では!

ワーホリカテゴリの最新記事