シールテープでシャフトの緩み止め!正規品より確実で安い裏技を紹介します!

シールテープでシャフトの緩み止め!正規品より確実で安い裏技を紹介します!

先日にOリングを使ってシャフトが全然緩まない!これイイよ!って言う記事を書きました。

Oリングのメリットとは?Oリングの簡単な付け方を紹介!

でもつい最近シャフトをフィットフライトからエルシャフトに変えてしまいまして、Oリングが使えないんですね。(フィットとOリングは同じメーカーだが、エルシャフトはメーカーが違うため互換性がない)

どうしたものかと調べていたらシールテープというものを使えば激安でしかもしっかり緩み止めできるらしいので使って紹介したいと思います!

コスモダーツ製Oリングとエルシャフトの互換性

豆知識程度なのですが気になる方もいるかもしれないので試してみました。Oリングって色々あるけど互換性がないと使えないなんです。

見にくいですが…Oリングがはみでちゃってますね。しっかり最後まで締められないので、この状態で投げるとシャフトがねじ山部分でシャフトが折れる可能性大です。使わないほうがいいですね。他の手段を見ていきます…。

エルスタイル純正のシャフト緩み留めは「GOMU」のみ

エルシャフトなのでエルスタイルから出ているシャフトの緩み止めはないものかと調べていると…。はい、「GOMU」という商品があります。

s-darts.comより

ネジ山にこのパーツをかぶせてねじ込むとシャフトが緩まないよ!っていう商品です。価格は2セット(6個)で300円くらい。高いね!しかも使い捨て!

たかが300円ですが、なるべくコスト削減していきたいものです。

シールテープとは!

そこでシールテープというものを見つけました。それがこちら!

ダーツ用品ではございません!こちらは水道管同士を接続する時にネジ山に巻きつけて緩み止めの役をするものです。カーマの水道管パイプコーナーに行くとありました。お値段はなんと200円くらい!

シールテープというなんとも粘着力がありそうな名前ですが、粘着力はありません。ちょっと指に吸い付く感じ?がしますね。修正テープみたいな感じです。

これはネジ部分の緩みを防ぐために使う商品。てことはダーツのシャフトにも使えるじゃん!ということで使っていきます。

シールテープの使い方

5センチくらいで切り取ります。だいたいシャフトのネジ山を2周するくらい巻きつけると具合がいいです。巻きつけすぎると締めるのに力をかけなくちゃいけない上に、シャフトの破損の可能性もあるのでよろしくないです。

シャフトに巻き付けた後に指で強めに摘んでネジ山にぴったりくっ付けとくと良いです。シールテープが浮いていると締める時に破れる時があります。

そして締めれば完成!うまく巻ければはみ出ることもありません。

シールテープは実用的なのか?

結果としてはめっちゃ良いです。全く緩みません

シールテープをつけて3時間ほど投げてきましたが、1回も緩みませんでした。

以前はフィットフライトのカーボンシャフトにコスモダーツのOリングをつけて使っていたのですが、無いよりマシとはいえ緩むときは緩む。

でもコレは完全に緩まないですね。たとえお使いのシャフトに純正のOリングが販売されててもシールテープを使うことをお勧めしたいです。

なんたって安い!

1つ5mあるんですが、シャフト1本につき使う長さは大体5cmです。なのでこのシールテープ1個で100回分あります。値段に換算するとシャフト1本を2円で緩み止めできるんです。

正規でダーツメーカーから販売されているOリングの中で安くても1本あたり10円くらいします。

ダーツアクセサリーメーカーがコレを出したらシャフトの緩み止め商品部門で首位独占できる。絶対。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダーツショップの外に意外な解決策があるものです。装着の難しさは否めませんが、相当なコストパフォーマンスを発揮していると思います。

シャフトの緩みは中折れの原因なので、高くつく前に安い投資で防いどきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

ダーツカテゴリの最新記事